APRIL ナウン「イジメ加害者」投稿ネットユーザーが全て嘘と謝罪文←告訴は変わらず

APRIL ナウンからイジメを受けたと投稿したネットユーザーが謝罪文を掲載したと話題になっています。

24日、昨日インターネット上で「APRILナウンの同級生」と名乗る人物が、仲間外れや暴言を吐かれるイジメをナウンから受けていた、と投稿し、波紋を広げている問題で、投稿者自身が虚偽を認め、謝罪文を掲載しました。

▲ ネットユーザーAの直筆の謝罪文

 

突然ナウンの元同級生がイジメを提起

ネットユーザーAは、ナウンと同級生だった認証証明と共に「ナウンともう1人の友達と3人で仲良くしていたが、ある日から仲間外れにされた」「あとで知ったことだが、ナウンが自分を嫌いだったようだ、私を指さし「障害者!」などと言われた」と投稿、この投稿内容によって、ナウンは突然「イジメ加害者」疑惑が浮上し、APRILの所属事務所DSPメディア側は調査の結果「ネットの投稿内容は虚偽、法的対応に出る」と、発表していました。

▲ APRIL ナウン

 

謝罪も法的対応変わらず

DSPメディアが法的対応に出ることを発表すると、本日、ネットユーザーAが直筆の謝罪文を掲載しました。「掲載した内容は全て嘘であり、被害をおかけし、大変申し訳ない。」と、許しを求める内容のメッセージを公開しましたが、突然騒動に巻き込まれたナウンの受けたショックは大きく、DSPメディア側は、あくまで法的対応に出る姿勢は変わらないことを発表しています。

 

韓国のネット上では・・・

・この人、事務所が告訴すると言わなければ謝罪する気も無かったの?

・もうこのような嘘を書き込むだけで、罪にしてくれ

・強硬対応はするべき

・カムバック頑張って!

・ナウンは人をイジメるような人ではないと思っていた

・・・など様々な意見があります。