元JYJユチョンが賠償金未払い監置裁判の翌日に市長に非公式面会で物議

元JYJユチョンが、自身の監置裁判の翌日に市長に非公式で面会していたと話題になっています。

23日、ユチョンが2016年に起こった性暴行事件の被害女性への賠償金を支払っていないとして、監置裁判が行われた翌日、同地方裁判所の市長に面会に行っていたことが騒動となっています。

ユチョン

▲ 22日、議政府市の地裁で行われた「監置裁判」

 

「監置裁判」地裁の管轄市長と翌日に非公式面会が物議

ユチョンが自身の監置裁判を行った議政府市の市長と、裁判の翌日に非公式で面会していたことが報じられ、物議となっています。ユチョンは市長と面会する前日、監置裁判のため議政府地裁に出頭しており、多数の芸能メディアが注目した直後での、市長との面談であったことから、その理由や、この時期に面会したこと自体への疑問の声が集まっています。

JYJユチョン

▲ JYJユチョンは被害者に損害賠償金を支払っていなかった 

 

人生の先輩としての助言を受けた

市長と面会したことが報じられ、物議となったことを受け、まず、市側は面会したことを認めた上で「以前からユチョン氏側から再三、市長との面会の要請があった」と明かしました。また、ユチョンもすぐに自身のSNSを通じて「今日、市長と面会したのは、長い間私のそばで一緒にいてくれるマネージャーと市長との縁で実現したものです。普段から尊敬してきた市長は、私に人生の先輩として真摯な助言と力になる言葉をたくさん送って下さいました。このような真実の助言を常に心に刻み、実践するよう努力します。議政府市長および、市庁関係者の方々に感謝の気持ちを伝えると共に、私によって被害が出ないことを願います。」と、あくまで知人を介しての面会だったことを強調しています。

 

韓国のネット上では・・・

・ユチョン側からずっと面会要求されてたみたいだね

・市長も災難だね

・なぜ今会いに行く必要が?広報の話をしたともあったけど、イメージ悪いからお前は広報しないでくれ

・癒着ではないのか?

・コネクションがないから、人脈つくりに利用されただけ

・・・など様々な意見があります。