JYJユチョンは被害者に損害賠償金を支払っていなかった

JYJユチョンは被害者に損害賠償金を支払っていなかったことが明らかになり話題になっています。

26日、2016年に「風俗店の従業員暴行事件」の被害者に損害賠償金を支払っていない為、4月22日に議政府地裁で裁判が開かれます。この裁判は、債務者が正当な事由なく財産明示期日に欠席したり、財産目録の提出を拒否した場合に行われます。ユチョンが、無視で一貫した結果、最終的に裁判が開かれることになったようです。

ユチョン

▲ユチョン

 

被害者Aさん

ユチョンを相手に損害賠償訴訟などを提起した相手は、2016年風俗店で従業中に、ユチョンから性的暴行を受けた被害者であり、第二の申告者Aさんです。当時、Aさんは性暴行を受けたのに、ユチョンは虚偽の事実だと訴えて放送に出演して、自分の名誉を毀損したと無実と出版物などによる名誉毀損の疑いで告訴しています。

ユチョン

JYJユチョンが身の潔白が証明できない場合・・・韓国の法律では?

ユチョン

JYJユチョンから性的暴行を受けたと新たに2名の女性が告訴←ファンクラブではボイコット運動が展開

 

賠償額

この事件賠償額は、昨年7月、ソウルの調整センター側が「ユチョンはAさんに5000万ウォンを賠償するようにする」と強制的に調整の決定を下した後、同年9月に最終確定した。ユチョン側がこのような決定について期限内に異議を提起していなかったので、賠償額5000万ウォンが確定しました。