元BIGBANG V.Iに2度目の拘束礼状が請求←裁判所がまた棄却

元BIGBANG V.Iが2度目の拘束危機も回避し、話題になっています。

13日、ソウル中央地裁ソンギョンホ令状担当部長判事が、V.Iの常習賭博及び外国為替取引法違反などの疑いの拘束令状を棄却したことが明らかになりました。V.Iは、8日に売春斡旋など行為の処罰に関する法律違反、常習賭博、外国為替取引法違反などの疑いで拘束令状を請求されており、注目が集まっていました。

V.I

▲令状実質審査を終えて裁判所を出るV.I

 

令状の棄却理由も明らかに

ソウル中央地裁は、「いくつかの犯罪容疑に関する被疑者の役割と関与程度と争いの余地、捜査の進行経過と証拠収集の程度、捜査に臨む態度を総合すると、V.Iのための拘束事由と拘束の必要性、相当性を認めにくい」と棄却理由を明らかにしました。V.Iは過去2015年12月から2016年1月までに、日本・香港・台湾人一行などを相手に数回性売買を斡旋した疑いを受けているほか、ラスベガスのカジノで最後の2014年から2019年まで毎年1〜2回の個人のお金で数億ウォン台の常習賭博をした疑いがあがっていました。

 

2度目となる令状棄却

V.Iが拘束前被疑者尋問(令状実質審査)を受けたのは今回が2度目で、いわゆる「バーニングサン事件」を捜査したソウル警察庁は昨年5月、売春斡旋などの容疑でV.Iの拘束令状を申請しましたが、裁判所は、「争いの余地がある」として棄却していました。

V.I

本日(8日)警察が元BIGBANG V.Iに逮捕状を請求!←遅くなった理由は?

 

韓国のネット上では・・・

・一体どんなコネを使ってるの!?

・お金があれば何でもできるんだね。

・太って誰か分からなかったよ!

・まさか2回も棄却されるとは思わなかったわ。

・判事が問題なんじゃない?

・名前通り勝利続きだね。

・芸能界を引退しても強力なコネクションには変わりがないのかもね。

・・・など様々な意見があります。