MOMOLANDデイジーの暴露インタビューにMLDエンターテイメントが反論

MOMOLANDデイジーが、KBSで暴露した内容にMLDエンターテイメントが反論したと話題になっています。

8日、KBS「ニュース9」に母親と共に出演したデイジーが、MOMOLANDの所属事務所MLDエンターテイメントから請求された金額や、グループ結成時のねつ造を暴露した騒動で、MLDエンターテイメント側が反論しました。

デイジー

▲ デイジー

 

デイジー母子のインタビュー内容に真っ向から反論

KBS「ニュース9」でグループ脱退に至るまでの経緯を暴露したデイジーのインタビューについて、まず、サバイバル番組のメンバー決定がねつ造だったとの証言については、MLDエンターテイメント側は「当時、『MOMOLANDを探して』はデビューするためにステージに観客3000人を集めなければならなかったが、この条件を満たせず、デビューそのものが白紙になった。なので、ねつ造というのは話にならない、放送終了後、脱落した練習生たちは契約が解除されたが、代表取締役がデイジーの可能性を見て、残留を勧めた。番組制作費をメンバーに請求したことについては、番組制作費の精算は標準専属契約書に基づいており、メンバーと両親の同意の下、決定された。」と支払いは当時、契約に際して保護者側も納得していたことを主張しました。

デイジー

▲ MOMOLANDデイジーが所属事務所と対立←ねつ造や11億ウォン請求をテレビで暴露 

 

11億ウォンの違約金請求の正当性

さらに、8ヵ月も活動に参加させてもらえず、デイジーが契約解除を申し出た際の11億ウォン(約1億円)もの違約金については「活動に関する権限は会社にあり、違約金の告知はデイジー側が先に脱退意思を表明して来たため。」とし、さらに、デイジーの母親から数回に渡り脅迫を受けていることも明かし、全てに対し反論する根拠となる資料が用意できている。すぐにでも法的手続きを通じて積極的に対応に乗り出す予定」と、強い姿勢で臨むことを表明しました。

 

韓国のネット上では・・・

・MLDは熱愛があって、活動させたくなかったということ?

・活動させなかったのはMLDなのに、なぜ違約金が発生するのか分からない

・もうMOMOLANDは解散だね

・人気メンバーがいなくなったので、失速してるグループ

・法廷論争まで行くのかな

・・・など様々な意見があります。