Wanna Oneの不正合格メンバーはライ・グァンリン報道←被害練習生はNU’EST JR

Wanna Oneの中の票操作で合格したメンバーが誰か?が話題になっています。

6日、ニュース番組がWanna Oneの不正操作メンバーについて取り上げた内容で、正確な順位を掲載したことから、練習生Aと練習生Bの正体が暴露されたと波紋を広げています。

プロデュース101

▲ 練習生Bと練習生Aだと、報道された2人

Wanna One

▲ Wanna Oneメンバー1人のねつ造が判明←NU’EST、サムエルが被害練習生か

 

Wanna Oneの不正合格メンバーはライ・グァンリンと報道

検察が国会に提出した公訴状に「2017年に放送されたシーズン2において、練習生Aの投票結果を操作し、練習生BをWanna Oneのメンバーに入れた」との記載内容を報道したメディアが、練習生Aが最終14位で脱落し、Wanna Oneとなった練習生Bの最終順位が7位だったことを報道しました。これにより、練習生Aの正体がキム・ジョンヒョン(NU’EST JR)であることに加え、練習生Bの正体が、Wanna Oneとしてデビューしたライ・グァンリンであることが明らかになったと、波紋を広げています。

「プロデュース101」

▲ 練習生Aは14位で脱落、練習生Bは7位でデビューと報じる

ライ・グァンリン

▲ 「プロデュース101」シーズン2 デビュー11人「Wanna One」決定!

 

韓国のネット上では・・・

・訴状内容を全部、隠さず実名で公表すればいい

・Wanna Oneはもう解体している、ここまで詳細に報じる必要があったのだろうか?これだとグァンリンもジョンヒョンもつらいだろう

・正直、グァンリンだとは思わなかった、意外だ

・練習生AとBの正体を暴露して楽しいか?

・メディアは訴状の実名を知ってるので、間違いのない報道なのだろう、名前は出てなくても順位でバレバレだね(笑)

・・・など様々な意見があります。