HALOヒチョンが「プロデュース101」日本版から突然 途中降板←日本のネット意見に注目

HALOヒチョンが「プロデュース101」日本版から、降板したことが発表されました。

29日、「プロデュース101」日本版が公式ホームページを通じて、練習生キム・ヒチョンが本人の意向により、番組を途中降板したことを明らかにしました。

ヒチョン

▲ キム・ヒチョン

「プロデュース101」 日本

▲ HALOオウン・ヒチョン・ユンドンが日本版「プロデュース101」に出演

 

キム・ヒチョンの突然の降板発表が波紋

「プロデュース101」日本版は今月11日にファイナルを迎えることから、残り放送回数もわずかとなった時期での突然のキム・ヒチョンの降板発表に、驚きを隠せない視聴者が続出、特に理由については「一身上の都合」「本人の意向を尊重」とのみ書かれてあり、詳細が分からないことも波紋を広げています。韓国のネットユーザーからは、キム・ヒチョンについての日本の国民プロデューサーの意見を取り上げ、番組上の態度などが問題視されネット上で指摘されていたことに注目が集まっています。

「プロデュース101」

▲ ヒチョンへのネット意見に注目

 

韓国のネット上では・・・

・招集じゃないの?

・なぜ全てを捨てて日本に行ったのに、途中降板?

・他の2人と違い、自分だけ11位圏外になったから諦めたのでは?

・日本国民プロデューサーに嫌われてたの?

・ネット意見がひどい

・・・など様々な意見があります。