俳優キム・ウビンが2年6ヶ月ぶりに姿を見せる←がん闘病から復帰へ

俳優キム・ウビンが第40回青龍映画賞を通じて復帰し、話題になっています。

21日、キム・ウビンは、青龍映画賞チョンジョンウォン短編映画賞の授賞者として舞台に上がり、健康になった近況を伝えたことが明らかになりました。キム・ウビンは、2017年5月に上咽頭がんの診断を受けたため、すべての活動を中止して闘病を続けていて、近況に関心が集まっていました。

キム・ウビン

▲ステージで挨拶をするキム・ウビン

2017052501002093300150721

俳優キム・ウビンが「上咽頭がん」と診断される←当分の間は治療に専念!

 

舞台で感謝の気持ちを伝えたキム・ウビン

キム・ウビンは舞台上で、「久しぶりに戻った挨拶をどんな言葉で始めるべきか、たくさん悩んだ。まず、他の言葉より感謝の言葉を先に申し上げたい。数年前、私の体は少し良くなかった。本当に多くの方々が応援してくださり、耐えられるよう祈りを多くいただき、思っていたより早く、再び元気な姿で挨拶ができるようになった。青龍映画賞という素晴らしい場を借り、応援してくださって祈ってくださったすべての方々に感謝の気持ちを伝えます。心から感謝します。」と挨拶をしたことが伝えられており、今後の活動に早くも関心が集まっています。

 

韓国のネット上では・・・

・本当に演技が上手な俳優だからこれからも頑張ってほしい。

・顔が明るくなったね。元気に復帰してほしいよ。

・稀なガンで心配したけど、本当に良かったね。

・復帰作品はもう決まってるのかな。楽しみだね。

・シン・ミナともう長い付き合いだし、結婚もいいんじゃない。

・ファンではなかったけど、本当に好感がよくて応援したくなるよ。