防弾少年団の兵役は特例として免除されるのか?

防弾少年団の兵役は特例として免除されるのか?について話題になっています。

18日、韓国で開かれた国会政務委員会の国政監査で、K-POPスターにも兵役特例を適用しなければならないという一部の主張に対してノ・ヒョンウク国務調整室長は「そうでなくても、大衆文化とK-POPスターなどの兵役特例の適用を検討するしかない状況」と明らかにしました。

BTS

▲防弾少年団

 

特例について

韓国の兵役法によると、スポーツ選手はオリンピック1位~3位まで、アジア大会で金メダリストになった場合、芸術・体育要員に自動的に編入されて現役服務の代わりとなる。芸術家の場合、政府が指定した国際コンクールなどで1等や2等になるか、国楽などの国内大会で1位になった場合、恩恵を受けることになります。

 

特例として名前が挙がっている防弾少年団

民主党議員は「兵役優遇も時代によって変わらなければならない。最近、防弾少年団がビルボードチャート1位を2〜3回し、あるレポートでは、防弾少年団の経済効果が5兆6000億ウォンとする。兵役特例を過去の基準ではなく、大衆文化とK-POPにも門戸を開放するのはどうかという青瓦台国民請願もある」とし「国務調整室で、国防部、文化体育観光部、兵務庁などと協議して、文化コンテンツ大国に成長するためにも、新たに検討する必要がある」と明らかにしています。

 

韓国のネット上では・・・

・先月29日、主要企画の関係者らと韓国マネジメント連合側が会議を持って政府側に渡す大衆文化芸術家の軍入隊と関連した状況と入隊時期、代替服務の可能な代替を議論した。会議には、SMエンターテイメント、YGエンターテインメント、JYPエンターテイメント、FNCエンターテイメント、ジェリーフィッシュエンターテイメントなどの関係者が出席した

・防弾少年団の累積基準兵役免除する別の問題はない一世代出るかどうかする防弾少年団は大韓民国の自慢である

・防弾少年団であれば、海外の人気を通じた経済効果が顕著だから(兆単位)検討してください

・軍隊に行っても行かなくても結局は悪口言われる

・人気多いのは分かるが、これはちょっと…

・・・など様々な意見があります。

 

 

 

ノ・ヒョンウク国務調整室長が防弾少年団(BTSは、RMたジミンジェイホップシュガーヴィー政局)などKポップスターたちにも兵役特例を適用する必要がないという主張に対して「時代状況を反映して総合的に検討しなければならない」と述べた。

ノヒョンウク国務調整室長は18日開かれた国会政務委員会の国政監査で、「そうでなくて(大衆文化とKポップスターなどの兵役特例の適用を)検討するしかない状況」とし「文化、体育分野や日本経済措置に関連経済分野産業特例など、全体の構成をどうするか検討しなければならない」と述べた。