元JYJユチョンの不動産が公売で35億ウォンで落札される

元JYJユチョンの不動産が、公売で35億ウォンで落札されたと話題になっています。

4日、ユチョンが三成洞に保有していたオフィステル(住居兼オフィス)が、韓国資産管理公社(KAMCO)の公売で35億100万ウォンで落札されたことが明らかになりました。

ユチョン

▲ 元JYJユチョン所有の高級マンションが公売にかけられる←税金未納で差し押さえ 

 

ユチョン所有オフィステル公売に落札者

資産管理公社(KAMCO)によると、先月30日から今月2日の間で行われたパク・ユチョン所有の江南区三成洞(三星ラテラス1302号(専用面積182㎡)の2次公売で、落札者が出たことが発表されました。同オフィステルは先月23~25日の間に、開始価格38億6000万ウォンで1次公売が行われていましたが、落札者は現れず、今週、今度は最初の鑑定価格の10%値下げした34億7400万ウォンで公売を始めたところ、結果的に開始価格より2700万ウォン高い価格を出し、有効入札者1名が落札した形となりました。このパク・ユチョンのオフィステルは、裁判所による競売にもかけられている状況で、過去にパク・ユチョンに融資を行ったグッドモーニング資産管理貸付が債権11億3284万ウォンを請求し、裁判所に競売を申請、裁判所が今年6月に競売開始決定も下していました。

 

韓国のネット上では・・・

・お金もない、信用もない

・これからの人生、また芸能人としてやっていくのだろうか?

・ク・ハラが日本で活動している、日本に行くのだろう

・ファンはそれでもあなたを応援している不思議

・これ以上、落ちることが無いからこれからの人生は楽だね

・・・など様々な意見があります。