防弾少年団RMが自身の誕生日に寄付

防弾少年団RMが自身の誕生日に聴覚障害のある学生のために寄付し話題になっています。

20日、韓国の聴覚障害特殊学校ソウル三星学校が「防弾少年団のRMさんが16日、誕生日である9月12日を記念して、1億ウォンを学校に寄付した」と明らかにしました。

RM

▲RM

 

寄付の経緯について

ソウル三星学校の関係者は「RMさんが普段聴覚障害学生が音楽を楽しむ困難を経る部分に関心を持ってきた。聴覚障害学生の為に何かできることはないかと沢山悩んでいた」と伝えています。1987年「ソウルノンアウォン」という名前で設立されたソウル三星学校は、聴覚障害のある学生のための特別な教育をする機関です。

 

韓国のネット上では・・・

・素晴らしいです。

・音楽を聞くことができない人々に音楽を聞かせてあげたいという気持ちがどこから始めたのだろう。世の中を眺めるあなたの視線に拍手を送ります。

・防弾少年団RMその深さを知ることができない性格と感性に今日学ぶね!

・防弾少年団RMが大きい寄付をしましたね聴覚障害者にアーティストとして音楽を聞かせたい、その気持ち超えきれい細かい心です防弾少年団の良い影響とその歩みに大きな拍手を送り聴覚障害者の学生に大きな力になるだろう防弾愛していつも応援し♡

・私の姉が通う学校だ。数日前にビッグヒットエンターテインメントの関係者の方が立ち寄ったと聞きましたが、これだったのね

・・・など様々な意見があります。