元Wanna Oneライ・グァンリン「次はたたじゃおかない」怒りの警告文

元Wanna Oneライ・グァンリンが、「次はたたじゃおかない」と怒りのメッセージを公開しました。

26日、元Wanna Oneのメンバーで、現在、所属事務所CUBEエンターテイメントに対し専属契約紛争を起こしているライ・グァンリンが、怒りの意味深メッセージを公開しました。

グァンリン

▲ 怒りの警告文

 

強い口調の警告文を発表

ライ・グァンリンが自身のInstagramを通じて「Warned(警告)」「私のファン、私のスタッフの方々、私の家族、私の大切な人々に、もしまた手を出したら、次はただじゃおかない・・・One last warning(最後の警告)」という、強い口調の警告文を公開しました。このメッセージの怒りの相手が誰なのかは不明ですが、前回のメッセージでは、心配するファンたちを思い「どうしてなのか知りたいのです。皆さん、あまり心配しないでください。全てうまくいくと思います」と、心境を明かしており、専属契約無効を求めて紛争中の所属事務所CUBEエンターテイメント側が、あくまで「本人同意の下で契約した内容であり、背後勢力が疑われる」と、ライ・グァンリンを裏で操っている人物について言及していることから、何らか?の接触があったと推測でき、法廷論争も辞さないCUBEエンターテイメント側の行動を非難しているメッセージとの見方が強まっています。

ライ・グァンリン

▲ 元Wanna Oneライ・グァンリン 突然の専属契約解除要求

 

韓国のネット上では・・・

・何をされたんだろう?

・この怒り具合からいって、彼はEXOなどの中国人メンバーとは違うのかもしれないね

・裏切り者なのかと思ったが、家族や仲間に何かCUBEにされているのかな?それなら断固戦おう!

・元Wanna Oneメンバーはなぜここまで紛争が多いのか

・あなたを信じます。CUBEは早く潰れればいい

・・・など様々な意見があります。