「プロデュース X 101」側が投票集計ミス認め謝罪←伝達過程のミス、順位変動なし

「プロデュース X 101」側が、問題提起されていた集計ミスを認めたと話題になっています。

24日、今月19日に最終回を迎えた「プロデュース X 101」が、インターネット上で指摘されている投票結果ねつ造疑惑について、初めてミスを認め、ミスをした理由説明を行いました。

「プロデュース X 101」

▲ 「プロデュース X 101」側が票操作疑惑に対し「偶然」と騒動否定←数学者からは疑問の声 2019年7月24日

 

投票結果ミス認め謝罪、しかし「X1」選定は正当

Mnetは番組公式SNSを通じて「「プロデュース X 101」の生放送において、最終得票数の得票差騒動を起こした点について、まず心よりお詫び申し上げます。「プロデュース X 101」は今月19日、デビューメンバー11人を発表し、事前オンライン得票数に、生放送でのメール得票数を合算した個別最終得票数を公開しました。放送終了後に確認した結果、Xを含めた最終順位に異常はなかったものの、放送で発表した個別最終得票数を集計および、伝達する過程でミスがあったことを確認しました。同一の得票差が出た点については、生放送中に得票集計を担当していた番組制作陣は、得票数で順位を集計後、それぞれの練習生の得票率も計算して最終順位を複数の方法で検証していました。しかし、制作陣が順位を再検証する過程において、得票率の小数第2位を四捨五入し、この四捨五入された得票率に換算された得票数が生放送の現場に伝達されてしまいました。この過程で順位の変動はないことを改めて申し上げます。番組を応援し、投票に参加して下さった全ての「国民プロデューサー」と練習生、および関係者の皆様に心よりお詫び申し上げます。今後はこのような問題が起きぬよう、メール投票システムおよび、集計プロセスを補完します。制作陣はさらに公正で透明な番組制作のために最善を尽くします。」と、数値の伝達過程でミスはあったものの、「X1」の選定に間違いは無かったことを改めて強調しました。

X1

▲ 最終投票でX1に選ばれたメンバー

 

韓国のネット上では・・・

・1番の被害者はX1メンバーじゃないですか?

・Mnet側もミスを認めた、もうこれ以上メンバーを責めないで

・これで解決!とか言ってる人は正気ですか?なぜただ上位の11人を選ぶだけなのに、わざわざ得票率換算をする必要があるんですか?意味が分からない

・全く得票差が同じだった理由説明になってないね、ますますねつ造して選ばれたメンバーだと証明した(笑)

・理由をつけず、単純に票データを公開すれば良い話ではないのですか?なぜ出来ないの?それはねつ造だからでしょう

・・・など様々な意見があります。