元Wanna Oneカン・ダニエルがレコーディング終了を報告←ソロデビューへ

元Wanna Oneカン・ダニエルが、レコーディングを終了したと話題になっています。

23日、今年3月から所属していたLMエンターテイメントとの専属契約紛争を経て、個人事務所を設立したカン・ダニエルが、ソロデビューに向けてレコーディング終了をファンに報告しました。

ダニエル

▲ 「終」の紙を持った画像を公開

ダニエル

▲ 元Wanna Oneカン・ダニエル専属契約効力停止仮処分が認められる←独自活動可能に 

 

個人事務所から近くソロデビュー

カン・ダニエルはLMエンターテインメントを相手に提起した専属契約効力停止仮処分訴訟で、独自活動が出来る判決を受けたことにより、個人企画会社「KONNECTエンターテインメント」を設立しました。現在はソロデビューに向けて着々とレコーディング作業を行っていることが伝えられていましたが、23日に自身の公式SNSを通じて「終」と書かれた紙を持った、レコーディング室内での画像を公開したことで、いよいよ近くソロデビューすることに期待が高まっています。

ダニエル

▲ 近況を公開

 

韓国のネット上では・・・

・期待しかない!!!どんな曲かな?

・本当におめでとう!ソロデビューが正式に決まったら泣きそうです

・裁判に勝てたことが何よりも良かったです

・早く会いたい、LMにソロ活動が邪魔されないといいけど

・苦労が多かったですね、これからは笑顔だけ見たいです

・・・など様々な意見があります。