防弾少年団への暴言でオーストラリアの番組が謝罪←ハングルで謝罪文

防弾少年団への暴言について、オーストラリアの番組が謝罪しました。

20日、オーストラリアの公営放送局Channel9の「20 to One」が、防弾少年団を特集した際、出演したコメディアンが暴言を吐いた件について謝罪しました。

防弾少年団

▲ 英語とハングルで謝罪文を掲載

 

英語とハングルで謝罪文

「20 to One」が先日放送した番組内で、防弾少年団に対し暴言や差別的な発言を行ったとして、ファンから猛抗議を受け、「Channel9謝罪せよ!」というハッシュタグまでが広がる大騒動となりました。結果、番組側が公式SNSを通じて「WE APOLOGISE FOR ANY DISRESPECT AND OFFENCE TAKEN」と、「無礼で不快に感じられたなら、心からお詫び申し上げます。」という、ハングル文字での謝罪文を掲載しました。

防弾少年団

▲ 防弾少年団に対しオーストラリアの番組が暴言←ゲイがいる、歌は論外

 

韓国のネット上では・・・

・ユーモアやギャグも相手が笑わず不快に感じたら、それはイジメと同じ

・公営放送の放送内容とは思えない発言で、オーストラリアはその程度の国なのかとショックだった

・全く笑えない、コメディアン失格だ、辞めてしまえ

・海外では楽しくジョークを交えながら、アーティストを紹介するのは普通だよ。ジョークなので、多少は意地悪い表現もあったかもしれないが、それすら受け入れられるほど、防弾少年団が世界的な歌手であることを誇りに思うべきだよ。ファンがそれに激怒して抗議し続けるのはむしろ恥ずかしい。

・無視して勝手に言わせておけばいいのに、だからアーミーは世界で笑われるんだよ。いつも防弾少年団が賞賛されるとは限らないんだから

・・・など様々な意見があります。