防弾少年団V「ソウル歌謡大賞」受賞中にペットボトルで遊ぶ姿に態度非難

防弾少年団Vが、他出演者のステージやスピーチ中に遊んでいる姿に批判が集まっています。

15日、高尺スカイドームで「第28回 ソウル歌謡大賞」が開催され、VがNCT127のスピーチ中、ステージも見ずテーブルで遊んでいる姿に批判が集まっています。

V

▲ 態度非難

防弾少年団

▲ 防弾少年団「ソウル歌謡大賞」でカムバック予告と後輩TXTへの応援スピーチ

 

授賞式中にペットボトルで遊ぶ姿に態度非難

VはIZ*ONEやNCT127らがステージに登場すると、ステージに背を向け、テーブル上にある他メンバーたちのペットボトルを重ねてタワーのように遊ぶ姿が批判されています。防弾少年団はステージ前のテーブルで、観客や他の出演者からもよく見える席だったにも関わらず、さらにVが重ねたペットボトルをジンがボーリングのように倒す遊びまで始めた様子に、他出演者ファンからは「失礼だ」「無礼だ」などの批判の声が集まっています。

V V V

▲ NCT127らの受賞中、テーブルのペットボトルを集めて遊び始めるV

防弾少年団

▲ 最後はボーリングのようにジンと遊ぶ

 

韓国のネット上では・・・

・ステージ真ん前の席の人が、目の前でこんな遊びしていたら、パフォーマンス中に腹が立つよね

・NCTのファンですが、これは失礼だと思います!!

・Vは席がステージに背を向ける位置だったから、暇だったんだと思う

・前を向けばいいだけでしょ?防弾少年団は授賞式での態度論争は昔からあるのに、いつになったら改善させるのか?

・ステージに背を向けて座ってもいいけど、ペットボトルでタワーやボーリングをする必要はないね、自分たちがされたら嫌だろう?

・・・など様々な意見があります。