未成年に性的暴行を加えた元Roo’Ra(ルーラ)コ・ヨンウク、監視用の電子アンクレットが7月に解除!

未成年に性的暴行を加えた元Roo’Raコ・ヨンウクの監視用のアンクレットが7月に解除になることが話題になっています。

コ・ヨンウク コ・ヨンウク

▲元Roo’Ra コ・ヨンウク

 

コ・ヨンウクの犯した罪の内容

コ・ヨンウクは、2010年7月から2012年12月に及び期間の間、未成年者3人を自身のオフィステルと乗用車などで、5回に渡り性的暴行及び強制わいせつを行った容疑で2013年1月に拘束収監され、以後裁判を経て懲役2年6ヶ月、身上情報公開5年、位置追跡装置(電子アンクレット)付着3年の刑を受けました。

 

芸能人で電子アンクレット装着1号

コ・ヨンウクは、「芸能人電子アンクレット1号」です。コ・ヨンウクの電子アンクレット3年の刑は7月の満了によって、位置追跡をされない自由の身になります。しかし、身上情報公開は2020年7月に満了になります。

電子アンクレット

▲位置追跡装置の電子アンクレット

 

コ・ヨンウクの刑務所服役から出所まで

コ・ヨンウクは裁判の期間の間、南部拘置所で11ヶ月服役し裁判後、安養(アニャン)刑務所とソウル南部刑務所で残りの期間服役しました。2015年7月満期出所した当時コ・ヨンウクは、「2年半の間、多くのことを学び反省しました。芸能人として物議を醸し申し訳ございません。これからは新しい心構えで生きていきます。」と述べました。

コ・ヨンウク 出所

▲出所時のコ・ヨンウク

 

青瓦台(チョンワデ:韓国の大統領府)の国民請願にコ・ヨンウクの電子アンクレット解除を反対する書き込み

5日、「児童性犯罪者コ・ヨンウクの電子アンクレット解除を反対します」という題名の文章が青瓦台の国民請願に記載されました。請願者は「コ・ヨンウクは2013年未成年者3名への性的暴行・強制わいせつの容疑で懲役2年6ヶ月の実刑と電子アンクレット着用の処分を受けました。2018年7月で着用期限が満了し、コ・ヨンウクは電子アンクレットを外すことになりますが、このようなことは社会通念上どうしても受け入れることができません。社会の中で保護を受けなければならない未成年者たちに性的暴行を犯した反人倫犯罪者コ・ヨンウクを一生社会から隔離しても足りないのに、たったの懲役2年余りで出てきたことも憤りが爆発するのに、電子アンクレットまで解除ですか?この部分は明らかに法を改正しなければならないと思います。子どもを育てている父親として、安心して子どもを育てられるよう努力して下さい。」と嘆願しました。

 

韓国のネット上では・・・

・ 顔が電子アンクレットだよwww

・ 賭博をした人たちが復帰するのはまぁそうだけど、性犯罪者は自分で考えて出てこないでほしい

・ 検察の調査を受けていた途中にも中3の子どもを相手に犯罪を犯した重犯罪者だ

・ 未成年に性的暴行…被害者や被害者の両親は血の涙を流しているだろうなぁ。TVに出るなんて夢にも思わないで欲しい。もう芸能人じゃないよ。性犯罪者だ

・ 人って分からないです。解除後また…

・ チョ・ジェヒョンとキム・ギドクは?

・ この人は一生着けていないといけないんじゃないですか?

・・・など様々な意見があります。