矯正でこんなに変わる!歯の矯正で劇的に変わった韓国の芸能人特集

韓国では歯科矯正がとても進んでいて、芸能人も積極的に歯の矯正治療を行います。そんな歯の矯正によって劇的に変わった芸能人を紹介します。

キム・テヒ

普通にしてても綺麗なキム・テヒですが、彼女の魅力を最大限に発揮しているのはにっこり笑った笑顔です。そろった真っ白な歯が印象的です。

テレビ番組で歯科矯正をしたと明かしたことのあるキム・テヒ。デビュー当時は、綺麗ではあるけど少し下あごが出過ぎて、気が強そうな印象がありました。それを少し矯正しただけで端正な顔つきで知的なイメージを定着させました。

キム・ヨナ選手

芸能人ではありませんが、以前韓国の歯科矯正学会が全国の歯科医院で「歯科矯正で最も効果的に変貌した芸能人は?」とのアンケートでフィギュアスケートのキム・ヨナ選手が第1位に選ばれたことがありました。

画像を比べると分かる通り矯正前のキム・ヨナは前歯が出ていて出っ歯状態でした。そこから見える歯も前後に突出していて、決して良い歯並びと言えない状態でした。しかし第1小臼歯(犬歯の横)を抜き、飛び出ている前歯を押し込むように矯正具を数年間取り付けた結果、歯だけでなく顔の印象もだいぶ変わりました。

ハラ/KARA

ハラの場合、ハラ歯列矯正以外に、二重まぶたや鼻に手を加えているため、印象は大きく変わりますが、やはり歯並びを治すだけで口元がスッキリ綺麗に見えます。
整形をカミングアウトしたKARAハラが行ったプチ整形ってどんな手術?

ユリ/少女時代

顎の形はほとんど変わっていません。歯並びを直しただけで笑顔が自然で素敵になっていますね。

ジェシカ/少女時代

こちらの画像を見る限り、歯並びが相当悪かったのが分かりますね。現在では素敵な笑顔に…。

ユンホ/東方神起

10代の頃まで八重歯があったユンホですが、現在では真っ白で綺麗すぎるほどの歯並びになっています。八重歯だと空気が抜けて歌いにくいという問題もあったから矯正したという話もあるようです。

歯並びを矯正すると歯だけでなく、顎や口周りの作りを変えるため、まるで整形したように印象が変わることがよくあります。特に変わるのは横顔です。以前まで矯正は歯並びと噛み合わせに支障をきたすために行われるのがほとんどでしたが、最近では噛み合わせはもちろん、見た目を目的に行われることが多いそうです。

ホワイトニングから差し歯、ラミネートべニア(歯を少し削り、ラミネートチップを張り付ける方法)、歯並び自体を変える矯正など様々な種類のものがありますが、特に韓国の芸能人に人気なのはラミネートべニアです。差し歯のように根本から治療をする必要がなく、少し飛び出している歯なら簡単に矯正ができ、色も綺麗に見せれるからです。素材は主にセラミックスになるのである程度の強度があり、変色しにくいという特徴があります。

現代人は歯の大きさに比べて顎が小さいため、歯が全部生えてくるとどうしても前後にずれたり、隣同士がくっつきあい痛みが出たりするため、矯正を受ける人が増加しているようです。(参考)