「プロデュース101」シーズン2 高田健太が24位で脱落「悔いはありません」

「プロデュース101」シーズン2 高田健太が、24位で脱落したことが話題になっています。

9日、「プロデュース101」シーズン2で「第3回順位発表」が行われ、上位20位までが通過できる規定の中、唯一の日本人練習生だった高田健太が24位で脱落し、これまで応援してくれたファンに感謝の言葉と、直筆のメッセージを伝え話題になっています。

プロデュース101ケンタ

▲ 「プロデュース101」シーズン2 日本人練習生ケンタ(高田健太)に注目←TEENTOPも応援

プロデュース101

▲ 「プロデュース101」シーズン2 Knock「M COUNTDOWN」出演←NU’ESTベクホが話題

 

「悔いはありません」

高田健太は、自身のInstagramを通じて「24位という結果で脱落しました。今日までたくさんの応援と投票をして下さった皆様に感謝します。脱落したことは残念ですが、悔いはありません。何より、韓国ではあまり友達がいませんでしたが、このプログラムを通じて同じ夢を追うかけがえのない仲間ができました。本当に3ヵ月間たくさんの応援ありがとうございました。」と感謝の言葉を伝え、ファンからは脱落を残念に思うコメントとともに、ケンタの今後の活躍を期待する声が多く届いています。

高田健太

▲ 直筆のメッセージ

 

韓国のネット上では・・・

・ケンタ!お疲れ様!

・放送分量が少ない中、ここまで残っただけすごい

・才能あったのに残念だ

・踊りも歌もラップもできた子

・絶対デビュー諦めず頑張って

・・・など様々な意見があります。