☆親孝行アイドルTOP8☆涙なしではいられない壮絶な生活を乗り越えたアイドル

芸能界を輝かせ親孝行になったアイドルが注目を浴びています。

30日に韓国で放送されたtvN「名簿公開2017」で、『芸能界を代表する親孝行アイドル』を選定しました。

 

1位

▲1位 俳優・歌手 ソ・イングク

蔚山(ウルサン)の貧しい家庭に育ったソ・イングクは、幼少期は食べる物にいつも困っていた生活を送り、歌手を夢見てソウル上京しましたが、両親からのサポートを受けることもできず多くの困難を経験しています。偶然、参加したオーディション番組 Mnetの『スーパースターK』で1位を占め、賞金1億ウォンを獲得しました。当時、賞金の使い道として「お母さんに店を開いてあげる」と明かしていしたが、母が少しでも楽な仕事をできるようにとカフェ店をプレゼントしました。

 

2位

▲2位 Miss Aスジ

中学生時代からショッピングモールの広告モデルをしながら小遣いを稼いていたスジは、Miss Aのメンバーとしてデビュー直後に音楽番組1位を占めるなど、歌手として大きな成功を収めました。 その後も女優として映画やドラマに出演、広告モデルなどで活躍し「国民の初恋」と人々に愛され人気も高まり、両親にもカフェ店のプレゼントや、テコンドー道場を設立して親孝行をしています。

 

3位

▲3位 BIGBANG G-DRAGON

年間の著作権料収益だけでも8億ウォンは超G-DRAGONは、幼い頃から特別だった才能を発揮して、13歳でYGエンターテインメントに入社しました。デビュー後、様々な分野で活躍し高い収益に匹敵する親孝行をしており、披露している。 彼は10億ウォンを投資して父親に京畿道のペンションをプレゼントしています。

 

4位

▲4位 Girl’s Dayヘリ

Girl’s Dayのメンバーとしてデビューした後も、質素な生活を続けながら、家族のことを最優先にして考え、両親にマンションと父親には高級車を購入しました。時間が空いてる時は、家族全員を海外旅行に招待して思い出作りも疎かにせず家族との時間を大切にしています。

 

5位

▲5位 2AM チョ・グォン

8年間に渡りJYPエンターテイメントの練習生として下積み生活を送っていたチョ・グォンは、2AMとしてデビューをして初給料20万ウォンを持って実家に帰ると冬の冷たい日にもかかわらず母が冷たい水で髪を洗っていたのを見て心を痛めたと明かしています。幼少期は、地下の1間だけある部屋に住んでいて、借金取りが訪ねて来て両親を苦しめ、母は鼓膜を怪我して耳は聞こえなくなり、マネージャーに可能な限り芸能や行事の仕事を入れて欲しいと懇願し、無理なスケジュールをこなし10年後に母親の名義の家をプレゼントしました。

 

6位

▲6位 JYJキム・ジュンス

幼少期に、大変な生活で泣いている母を見たジュンスは、絶対に成功して親孝行をすると誓いました。 デビュー後、名を上げたジュンスは、両親に4階規模の坡州(パジュ)に位置した住宅を購入、、済州島に350億ウォン台の大規模なリゾートホテルもプレゼントして歴代級の親孝行をしています。

7位

▲7位 少女時代テヨン ヒョヨン

歌手活動をして億単位の収益を得ているテヨンは、両親に推定8~9億ウォンのマンションを購入、初めて稼いだお金でクレジットカードもプレゼントしています。

テヨンと同時に7位に選ばれたヒョヨンも、両親に仁川の松島にあるペントハウスを購入しています。

 

8位

▲8位 SUPER JUNIORキュヒョン

両親の為に、住宅商店複合アパートと新車、明洞(ミョンドン)にある6階建ビルを購入しゲスト ハウスで作って両親にプレゼントしました。

 

【貧困な幼少期を乗り越えトップアイドルになり親孝行した】

ジェジュン2

▲JYJジェジュン

幼少期に、父の暴力に耐え切れなかった母がジェジュンを連れて家を出ましたが、母子だけで生活するのが困難になり、母はジェジュンを養子に出しました。養父母の過程も貧困で、アルバイトをしながら生活を支えていたジェジュンは、歌手になりたいという夢を諦めきれず、高校を中退してソウル上京、掛け持ちでアルバイトをしながらオーディションを受ける日々を送り、貧乏で食事も満足にできず、チョコパイを食べたさに献血をしたことがあると明かしています。

 

ユンホ

▲東方神起ユンホ

裕福な家庭に生まれたユンホでしたが、父の事業が失敗して家もなくなり、新聞紙で寒さを凌ぎ駅のホームで生活を送っていたことがあると明かしています。

 

RAIN

▲RAIN

両親が市場で餅屋を営んでおり平凡な家庭で育っていましたが、RAINが高校に入学した後に、母が手を負傷し血が止まらず病院に行くと糖尿病と診断されました。糖尿病を深刻に受け止めずいた母は、合併症を併発し治療費の作る為に餅店を売りに出し、職を失った父は、病気を患った母と高校生だったRAINと妹を残して何も云わずにまとまったお金を作る為にブラジルに行きました。お金が無かったせいで母親を助けてあげれず亡くしてしまったと後悔しながら、1日2~3時間の睡眠以外は休むこともなく練習に没頭しデビューを果たています。

 

 

アイドルの親孝行特集